たった1人が手をあげてくれる世界

サーチマン佐藤です。
おはようございます。

晴れた日曜日の朝、
気持ちいいですね。

先週、私たちは、
「ふつーの技術者が普通のアプリで収入を得た話をしよう」
という座談会を行ってきました。

——————————————–
※関連話は下記参照

アンドロイド技術、個人的な報酬を得た話

アンドロイドアプリで個人収入を得るための大前提は?

——————————————–

今日は、その時の話を少し。

仮に、その収入を得ている、
ふつーの技術者をMさんとしておきましょう。

Mさんからは、
これまでの業務経験、開発経緯、
会社とプライベートの時間の使い分け、
副収入の喜び、昂揚感・・・・等々。

色々と話して頂いたのですが、
まず驚かされたのは、

Mさんは業務上、
全くJavaの経験もないし、
もちろんアンドロイドの経験もないし、

プログラムもほとんど書いたことがなかったこと。

それなのに、
全て独学で勉強してアンドロイドアプリを作り、
そのアプリがヒットして、
毎月数万円の副収入がある。

この現実、驚かされるでしょ。

しかも、そのアプリが目覚まし時計だし!(笑)

こう言っては何ですが、
目覚まし時計は、
サンプルアプリにも出てくるくらいだし、

そんなアプリを自分なりに作って、
副収入が数万円あるなら、

「自分もやってみたい」って、
誰だって思いますよね。

そこで、まず、
その座談会で盛り上がった話題は、

そういう個人でも開発できる
普通のアプリでも売れるのか?
ということ。

結論から言うと、
(スマホアプリ関連の人もいたし、色々話してみると)

どうやら、機能が優れているアプリよりも、
発想がユニークな個人アプリのほうが売れるらしい
という事にはなったのですが・・・・・

じゃあ、ユニークな発想ってどうやって出すのか?と。

「う~ん」

皆、首をかしげて、
ここで詰まってしまう。

でもね、この直後、
その座談会の現場で我々は、
まさにヒントとなる衝撃を目の当たりにするのですが、

話を続けますね。

「う~ん」とうなっても、
ヒットの法則なんてわからないし、ひとまず
Mさんには今後の展開を続けて話してもらった。

Mさんは、バイク(の爆音)も好きだけど、
「映画も好き」ということで、

ちなみに、その映画とは、
ハリウッド映画のようなメジャー映画じゃなくて、
独立系のマニアックな映画。

——————————————–
ちなみに、こんなサイトを作ったそうです。
http://indiemovie.jp/

——————————————–

そんなマニアックな映画を紹介するサイトとアプリを作り、
それを報酬に結びつけたい、と。

そんなことを熱ーく語ってくれた。

で、参加者から、
「どんな映画があるんですか?」
と質問があると、

Mさんは、ますますヒートアップして熱く語り続ける。

もしかして、普段は語る相手もいないのか?(苦笑)

水を得た魚のごとく、乗りに乗って、
マニアックな映画の話をバンバン始めたのですが・・・・

「あっ、まずい」

私は司会者として、皆が
しらけだした雰囲気を感じたんですね。

マニアックになるほど、
話している本人は夢中になって気づかない。

この会の参加者は、
映画の話を聞きにきたわけでないので、

(私は司会者として)
話題を元に戻さないといけない。

そう思った矢先のことでした。

「私、買います」

一人の女性参加者が、突如叫んだのです。

???

一瞬、場に衝撃が走った。

「私も、そういう映画が大好きでツボにはまりました」
「私、いくらでも買います」

彼女は、こう続けたのです。

まじかあ(笑)?

そうなのです。

皆がしらけ始める中、目を爛々と輝かせ、
一人だけ反応しまくっている女性がいた。

この予想外のハプニングで、
期せずして、皆が得心した。

つまり、アンドロイドアプリをはじめとする、
ネットの世界では、

ほとんどの人が「まじかあ?」と思っても、
1人だけ「買います」と宣言すれば、

それは売れる。

あの目覚まし時計だって、
よくよく聞いてみると、

最初、YouTubeで冗談半分で予告した時に

「そんなアプリあったら、買います」

と熱烈なラブコールを送ってくれた人がいたとのこと。

おそらく、あの座談会の出席者10人で
多数決をとったら、9対1で否決される世界。

でも、たった1人が、
「私、買います」と手をあげてくれる世界。

その1人を大事にすると、
売れるアプリにつながっていく。

まさに、そんな現場を
目の当たりにした。

我々も、マニアックだと売れないとか、
周りの人が興味なさそうだと、

モチベーションも萎えるし、
ついつい弱気になってしまう。

でもね、むしろ逆なのでは?

周りが全く興味なさそうでも突き進む。
そして、たった1人を見つける。

かなりの精神力が必要ですが(笑)、

そこに集中すると、
何か突破口があるような気がします。

以上、そんな座談会報告でした。

他にも話したいことありますが、
今日はこのへんでね。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–