月別アーカイブ: 2019年7月

アナタの仕事は?自由主義経済のIT技術者の痛みと喜び

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

今日は、
「アナタの仕事は何ですか?」
の問いから、始めてみます。

「そりゃ、システム作ること」
と言うかもですが(笑)、
もう少し奥深い所で、

自由主義経済の中で、
IT技術者の役割は?と考えると、
心構えや転職も違ってきますよ。

では、いってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【自由主義経済】豊かになるプロセスの復習
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昔、多くの日本人は、
皆が米作りをしていました。

しかも、朝から晩まで働いて、
やっと食える程度。

しかし、人間は常に工夫する。

農具、肥料、灌漑、流通経路
等々が工夫され、生産性が上がる。

生産性があがると、
皆が米作りする必要が無くなり、
果物や野菜を作る人も出てくる。

果物や野菜でも、
同様な工夫があり、
生産性があがる。

結果、果物や野菜でも人が余る。
余った人は、することがない。

とりあえず、絵を描き、歌を歌ってみると、
なんと、そこにお金を払ってくれる人がいた。

ただし、今度は、
生産性と少し話が違っていて、

どんなに生産性をあげても、
感動を届けなければ、お金はもらえなかった。

そこで、その分野でダメだった人は、
別のことを考える。
例えば、漫才や落語、お笑いの世界へ。

そこにもお金を払って、
喜んでくれる人がいた。

こうして、多種多様な職業が生まれ、
全体が豊かになっていく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大雑把ですが、以上が、
自由主義経済において、
社会が、豊かになるプロセスです。

まあ、豊かになると言いましたが、
それは、長期でみた場合の話で、

短期でみれば、
旧い米作りは、苦しくなるし、
売れない芸人は、もっと悲惨。

悲喜こもごもあって、
このプロセスが、繰り返される。
しかし、全体は豊かになっていく。

大雑把で恐縮ですが(笑)、
イメージは、こちらの図。

で、大事なのは(ラッキーなのは)、
この時代、このプロセスの主プレーヤーが、
我々の業界である、ということだ。

だって、システム導入で、
劇的なイノベーションが起きるでしょ。
このプロセスを、大いに助長している。

しかし、一方で、
恐ろしいことに、このプロセスは、
我々自身にも当てはまる。

頑なになっていれば、
自分も苦しくなる。

旧いシステムや、
旧い言語にしがみついても、
苦しくなるだけだ。

一方で、
新しい仕事、新しいイノベーションには、
需要が起きている。

誤解を恐れず言えば、
右肩上がりの仕事は、美味しい。

・・・・いや、だったら、
くどくど言わないで、
最初から言えよって話ですが、

最初からそう言うと、
絶対に誤解したでしょ(笑)

誤解も恐れたし、本当に、
このプロセスの理解は大事と思う訳で、

おりしも、読者から、
こんなお便りも届きました。

【50代後半SE 読者から】
=============================
ようやく、次の会社を決める事ができたので、
9月いっぱいで今の会社は辞めるつもりです。

エンジニアの超売り手市場は本当のようで、
私のようなロートルプログラマでも、
何社か内定をいただきました。

エージェントからいきなり電話がかかってきたり、
世界最大のクラウドベンダー
(ぶっちゃけアマゾンですが)から
スカウトメールが来たり、

ベンチャーに面接に行ったら、
昔の知り合いが面接官の一人だったり、
色々ありました。

生き地獄と言うといいすぎかもしれませんが、
メンテ要員(しかもコーダー)というのは、
本当につらいものでした。
(まだしばらく続きますが)

この仕事から抜けるためには、
会社を辞めるしかない、
という状況だったので、
諦めずに転職活動を続けられたのだと思います。

とはいえ、これで安住の地にたどり着いた訳でもなく、
気を抜かず、次の会社の
さらに先を見据えていかねばと思っている次第です。
=============================

次の会社が決まったようで
おめでとうございます!

この読者の方とは、
たまにメールやりとりしていて、
転職活動は聞いていたのですが、

ついに、今の地獄(失礼)から脱出とは。
本当に、良かったですね。

しかも、50代後半の方で、
(やればできると)勇気も貰えますね。

たぶん、読者の中には、
転職を考えている人も多いでしょう。

市場を選ぶ、自分を磨く、
自分を見極める、大事ですよ。

このお便りや、
私が述べたプロセス、
何か参考になればと思い、
お伝えしてみました。

ではでは、またお会いしましょう。
ありがとうございました。




参院選IT業界(読者)の投票先。野党は意外な結果に。

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

どんよりした日が続きますねえ。

私は、農家のお友達がいるのですが、
毎年、この時期に一緒にゴルフして、
採れたてのアスパラガスを頂くのが恒例。

柔らかくて甘くて、
最高に美味しいのですが、
今年は、天候不良で質がよくない、と。

ショック。

いや、私のショックはどうでもいいですが、
農家さんは大変なようです。
お天気になるといいですね。

さて、参議院選挙の件です。

先週、IT業界(読者)の各政党の
投票先を調査しましたね。

ご協力、ありがとうございました。
その結果を報告しますね。

【アンケート結果】
————————————————-
●参議院選挙、アナタの投票先は?

・自由民主党 231(46.1%)
・公明党  27(5.4%)

・立憲民主党  34(6.8%)
・国民民主党  8(1.6%)

・日本維新の会  69(13.8%)
・共産党 18(3.6%)

・社民党  11(2.2%)
・幸福実現党 8(1.6%)

・れいわ新選組 49(9.8%)
・そのほか 46(9.2%)
————————————————-

「自民」は堅調。
「公明」も、そこそこかな。

マスコミの情勢調査も、
与党は、同様な結果が出ています。

ただし、堅調といえども、
必ずしも支持しているわけでない。

野党の自滅という意見が多い。

まずは「自民党支持」のお便り、
紹介しましょう。

【読者から】
===========================
やはり政治も、
プロジェクトとして見てしまうんですよね;(^^;

現政権に問題が無いとは言わないけれど、
任せられるほど野党に力は無い。

小池都知事が典型的な例ですが、
企画段階ではいいこと言うが、
実現可能性に乏しい/実現プロセスに落とし込めない。

そこへいくと自民党は、
豪腕PMがちょいちょい波風立てながらも、
全体を見てプロジェクトを進めていく。
現時点では自民党一択ですね。
===========================

【読者から】
===========================
消費税10%は反対だが、だからといって、
無責任な売国奴の野党には、
とてもじゃないが入れられない。
===========================

この種のお便りが多いですねえ。

私、思うのですが、
何でも批判、揚げ足取りじゃなくて、
野党も、是々非々で議論すれば、
支持率上がるんじゃないですかね。

近々で言えば、
「年金返せー」には呆れたし、
(メルマガで検証しましたね)
どんなに韓国が悪くても、
政権を批判してしまうとか、

まあ、批判するのが役目とはいえ、
ちょっとねえ、という人が多いです。

で、その野党の勢力分布です。
これが、マスコミとは全然違う。

筆頭が「維新」です。
期待している人、多いですねえ。

お便り、一つ紹介しましょう。

【読者から】
===========================
維新は、大阪で着実に構造改革を実現していますし、
改憲についても、当たり前の国のあり方を実現できるよう、
変えていこうという姿勢を持っています。

一時期国政で迷走していましたが、
大阪で積み上げている成果を見ると、
具体的で、地に足のついた政治姿勢を持っていると考え、
前回は自民党に投票しましたが、
今回は維新に投票するつもりです。
===========================

特に、大阪では人気あるし、
私の読者は、大阪の方も多い。
その結果でしょうかね。

あと、「自民党にお灸をすえる」的な考えで、
「維新」に入れる人も多かったです。

で、そんな「維新」に次ぐ、
野党2番手が、
なんと「れいわ新選組」です。

お便り、紹介しましょう。

【読者から】
===========================
とりあえず新鮮な感じがする
===========================

【読者から】
===========================
人選が凄い。少なくともやる気は感じます。
===========================

理由を明記した方はいなかったのですが、
「閉塞感の打破」の期待でしょうかね。

「立憲民主党」も上回り、
10%近く集めたのは、正直、驚きました。

次は、立憲民主党。

【読者から】
===========================
どれだけ贔屓目に見ても、
今の自民党はヤバイ気しかしませんので、
なんとか立憲民主には、
頑張っていただきたいところです。
===========================

【読者から】
===========================
立憲民主党は1ミリも支持していないが、
消費増税など現政権には不満があるため、
増税凍結の唯一の可能性にかけ、立憲民主党。

他の政党は力がなく、
投票しても死に票にしかならない
===========================

立憲民主党を支持というより、
「自民党が大嫌い」な方が支持していて、
今回は、「自民党にお灸」という方も、
流れているようです。

次、共産党。

【読者から】
===========================
生来、強い奴には反発する性分なので、
自民党は絶対なし。

自民党に対抗できる
最も強い野党を応援するのを基本としているが、
現在の野党はすべて全くなってない。

そういう場合は、
自民党から最も対極にある共産党に投票することにしている。
ちなみに野球も大のアンチ巨人です。ただの天邪鬼?
===========================

う~ん、アンチですか。

私、質問したいのですが、
共産党は、主義主張が全く違う政党でしょ。

共産主義、日米安保破棄、自衛隊違憲、皇室否定・・・
アンチで投票はけっこうですが、
これらの主義主張は、どうお考えなのでしょうか?
是非、お聞きしたいです。

次、幸福実現。

【読者から】
===========================
自民党支持者ですが、
中途半端な憲法改正案と消費税増税に反対なので、
今回は幸福実現党に投票しました。

期日前投票です。
===========================

こちらにも、
自民党から票が流れているようです。

増税すると内閣が倒れると言いますが、
こうやって、票が流れて倒れるのでしょうね。
今回は、どうなるのか?

与党に戻って、公明党。

【読者から】
===========================
結党以来、福祉を訴え続けた公明党です。
(いまや福祉だけではありません)

最近、公明党が
政権与党に参加したあたりの歴史を振り返っていました。

自民党から請われて参画したことや、
それに至る理由などを知りました。

いろいろ書きたいですが、政治の安定が、
世界とのやりとりでも、国民の生活にとっても必要であろうと考えます。

よって自公で勝利するのがいまは望ましいです。
===========================

すみません、私、
その歴史は詳しくないのですが、
支持者の方には、
そんな感じなのでしょうねえ。

次、国民民主党。

【読者から】
===========================
改めて公約を見ましたが、
現時点では2児を育てる身として「国民民主党」を支持したいです。

ただ、いいことばかり書いていて、
本当に財源を確保できるのか気がかりです。

民主党の二の舞になる可能性が否めません。
投票までまだ時間があるので、
それまでに様々な情報を集めて投票先を決めようと思います。
===========================

これまた、すみません。
私、その公約を見ていませんが、

2児の母から見ると、いい事が書いてあるのですね。
でも、確かに言われる通り、問題は実行できるかです。
よく考えて投票先決めましょう。

以上、各政党に対する、
読者の代表的なお便り、紹介させて頂きました。
(社民党のお便りは、なかったです)

来週の参院選、どうなるでしょうか。
IT業界(読者)と違うのか?

日本をいい国にする。

私は、本気でそう思っていますし、
各自、真剣に考えて選挙にいきましょうね。

ではでは、またお会いしましょう。
ありがとうございました。

●追伸
沢山のお便り、本当にありがとうございました。
紹介できなかった方も、全部読んでいます。

今後も、ジャンジャン送ってくださいね。
それが、このメルマガの原動力です。