SEの将来、教える道もある。企画とアンケートのお願い

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

たぶん、このメルマガの読者は、
PGやSEとして、

プログラム書いたり、
システム作ったり、

現場で、
バリバリ働いている方も多いですよね。

さて、そんなアナタが
年齢を重ねた時、どうされますか?
(いや、どうなりたいですか?)

管理職・コンサル・独立・・・とか?

もしくは、ずっと
このままプログラマーを続ける?

もちろんね、我々の世界は、
年齢制限があるわけじゃないし、

プロスポーツのように、
年齢による衰えが急激にくるわけでない。

だから、ずっとプログラマーでもOK。

でもね、
プロスポーツの世界で
コーチになる人達がいるのと同様に、
我々にも、同じ道がある。

そう、それが、
「教える」という道。

具体的には、
Javaでも、Oracleでも、
もしくはSQLやネットワークでも、
何でもいいけど、

IT技術のセミナーって、
頻繁にありますよね。

その「講師」になること。

ところで、その「講師」って、
一体どんな人達なのでしょうか?

私は今まで、
セミナーを沢山受けましたが、
「講師」と親しく話したことがなかった。

だって、セミナー終わって、
「今から飲みに行きましょう」なんて、
なかなか誘えないですもんね(苦笑)。

一体誰なんだろうと?
(ま、サーチマンが言うなって話ですが、笑)

でもね、最近、
サーチマンメルマガにも、
その「講師」の方がいることがわかり、
少しやりとりさせて頂いたのですが、

まあ、結構、
面白い「業界」のようですよ。

※「講師業界」があるのです(笑)

その「講師業界」には、
現役のプレーヤーとして働いていたプログラマーが、
会社辞めて新たな人生として選ぶこともあるし、

若くして「講師業界」に入る人もいる。

そう。

もちろん、その「講師業界」は、
確かにIT業界の一部ではあるのですが、

我々に馴染みのある
「開発」や「保守」の世界とは、

・仕事の内容
・仕事のやり方
・時間の使い方

全く違う。

まあ、当然ですよね。

でもね、全く違うけど、
スポーツの世界で
「プレーヤーがコーチになる」ように、

我々の世界でも、
プログラマーが講師になってもいい。

そして、その業界では、
「SEの教え下手」の格言通り(苦笑)、

優秀なプログラマーが
必ずしも優秀な講師にはならないし、

逆に、プログラマーとしてはイマイチだったけど、
水を得た魚のごとく、
講師として花開く場合だってある。

さてさて。

そんな講師業界は、
もしかしたら、
アナタの将来の選択肢になるかもしれないですよね。

興味ありませんか?

そこでアンケートです。

サーチマンと一緒に、この業界、
もっと深堀りしてみませんか?

凄く興味がある

多少興味がある

どっちでもいい

興味なし

※興味ある人が多い場合は、
取材したり、メルマガ書いたり、レポート作ってみますね。

※アンケート少ない場合は、この企画は中止です。
(ご了承くださいね、私一人で楽しませて頂きます)

以上、
今日は「SEの将来、教える道もあるのでは」企画の
アンケートのお願いでした。

ではでは、
またお会いしましょう。

ありがとうございました。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–