技術系」カテゴリーアーカイブ

たった1人が手をあげてくれる世界

サーチマン佐藤です。
おはようございます。

晴れた日曜日の朝、
気持ちいいですね。

先週、私たちは、
「ふつーの技術者が普通のアプリで収入を得た話をしよう」
という座談会を行ってきました。

——————————————–
※関連話は下記参照

アンドロイド技術、個人的な報酬を得た話

アンドロイドアプリで個人収入を得るための大前提は?

——————————————–

今日は、その時の話を少し。

仮に、その収入を得ている、
ふつーの技術者をMさんとしておきましょう。

Mさんからは、
これまでの業務経験、開発経緯、
会社とプライベートの時間の使い分け、
副収入の喜び、昂揚感・・・・等々。

色々と話して頂いたのですが、
まず驚かされたのは、

Mさんは業務上、
全くJavaの経験もないし、
もちろんアンドロイドの経験もないし、

プログラムもほとんど書いたことがなかったこと。

それなのに、
全て独学で勉強してアンドロイドアプリを作り、
そのアプリがヒットして、
毎月数万円の副収入がある。

この現実、驚かされるでしょ。

しかも、そのアプリが目覚まし時計だし!(笑)

こう言っては何ですが、
目覚まし時計は、
サンプルアプリにも出てくるくらいだし、

そんなアプリを自分なりに作って、
副収入が数万円あるなら、

「自分もやってみたい」って、
誰だって思いますよね。

そこで、まず、
その座談会で盛り上がった話題は、

そういう個人でも開発できる
普通のアプリでも売れるのか?
ということ。

結論から言うと、
(スマホアプリ関連の人もいたし、色々話してみると)

どうやら、機能が優れているアプリよりも、
発想がユニークな個人アプリのほうが売れるらしい
という事にはなったのですが・・・・・

じゃあ、ユニークな発想ってどうやって出すのか?と。

「う~ん」

皆、首をかしげて、
ここで詰まってしまう。

でもね、この直後、
その座談会の現場で我々は、
まさにヒントとなる衝撃を目の当たりにするのですが、

話を続けますね。

「う~ん」とうなっても、
ヒットの法則なんてわからないし、ひとまず
Mさんには今後の展開を続けて話してもらった。

Mさんは、バイク(の爆音)も好きだけど、
「映画も好き」ということで、

ちなみに、その映画とは、
ハリウッド映画のようなメジャー映画じゃなくて、
独立系のマニアックな映画。

——————————————–
ちなみに、こんなサイトを作ったそうです。
http://indiemovie.jp/

——————————————–

そんなマニアックな映画を紹介するサイトとアプリを作り、
それを報酬に結びつけたい、と。

そんなことを熱ーく語ってくれた。

で、参加者から、
「どんな映画があるんですか?」
と質問があると、

Mさんは、ますますヒートアップして熱く語り続ける。

もしかして、普段は語る相手もいないのか?(苦笑)

水を得た魚のごとく、乗りに乗って、
マニアックな映画の話をバンバン始めたのですが・・・・

「あっ、まずい」

私は司会者として、皆が
しらけだした雰囲気を感じたんですね。

マニアックになるほど、
話している本人は夢中になって気づかない。

この会の参加者は、
映画の話を聞きにきたわけでないので、

(私は司会者として)
話題を元に戻さないといけない。

そう思った矢先のことでした。

「私、買います」

一人の女性参加者が、突如叫んだのです。

???

一瞬、場に衝撃が走った。

「私も、そういう映画が大好きでツボにはまりました」
「私、いくらでも買います」

彼女は、こう続けたのです。

まじかあ(笑)?

そうなのです。

皆がしらけ始める中、目を爛々と輝かせ、
一人だけ反応しまくっている女性がいた。

この予想外のハプニングで、
期せずして、皆が得心した。

つまり、アンドロイドアプリをはじめとする、
ネットの世界では、

ほとんどの人が「まじかあ?」と思っても、
1人だけ「買います」と宣言すれば、

それは売れる。

あの目覚まし時計だって、
よくよく聞いてみると、

最初、YouTubeで冗談半分で予告した時に

「そんなアプリあったら、買います」

と熱烈なラブコールを送ってくれた人がいたとのこと。

おそらく、あの座談会の出席者10人で
多数決をとったら、9対1で否決される世界。

でも、たった1人が、
「私、買います」と手をあげてくれる世界。

その1人を大事にすると、
売れるアプリにつながっていく。

まさに、そんな現場を
目の当たりにした。

我々も、マニアックだと売れないとか、
周りの人が興味なさそうだと、

モチベーションも萎えるし、
ついつい弱気になってしまう。

でもね、むしろ逆なのでは?

周りが全く興味なさそうでも突き進む。
そして、たった1人を見つける。

かなりの精神力が必要ですが(笑)、

そこに集中すると、
何か突破口があるような気がします。

以上、そんな座談会報告でした。

他にも話したいことありますが、
今日はこのへんでね。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–

アンドロイドアプリで個人収入を得るための大前提は?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

前回のメルマガで、
アンドロイド技術、個人的な報酬を得た話
をしましたね。

「自分でアプリ開発して収入を得る」
「しかも、簡単なアプリ(目覚まし時計)で」

という所が琴線に触れたようで(笑)、

今回も沢山のお便り頂きました。
本当にありがとうございます。

私も、年末から2月まで、
「簡単なアプリを作ろう」というこで、
アンドロイド講習しましたが、

あのくらいの知識でも、
十分に売れるアプリが出来てしまう。

とっても素晴らしいことだし、

やっぱりアンドロイドは、色んな意味で、
これからの飯のタネですね。

で、さっそく答えにいきますが、

ズバリ、
その目覚ましアプリは、
「暴走族目覚まし」(無料)なのです。

そのアプリは、
GooglePlayで検索すると出てきますが、

要するに、
「暴走族の爆音排気音やラッパ音」で目覚めるという
素晴らしい目覚ましアプリ(笑)。

私にはさっぱり理解できませんが、
その筋の人には需要があって、

3か月で2万ダウンロード。
(驚きでしょ)

(アプリ本体は無料ですが)
そのアプリに広告をつけただけで、
月数千円の収入が発生しています。

で、その有料版が
「暴走族着信音」(300円)で、

上の「暴走族目覚まし」のアラーム音を、
そのまま着信音にしただけのアプリ。

こっちの有料版アプリは、
月2万円~3万円の収入が発生。

いや、失礼な話、
まじか~?って気分でしょ(笑)。

だって、スマホにはもともと
目覚まし時計がついているしね、

いくら、
「このマフラーの重低音、たまんねえ」
と言われても、

(一般の人には)
ほとんど意味不明。

でもね、意味不明なんだけど、
そういう世界もある。

オタクの世界と言ってもいいのかもですが、
個人がアプリを開発して「売れる世界」を目指すなら、

けっして卓越した技術じゃなくて、
そのへんの意識が大事なのかな・・・・と。

さらに言えば、例えば
電卓アプリ。

目覚まし時計同様、
電卓アプリも、デフォルトでスマホに付属していますが、

この電卓アプリも、
ちょっとした工夫で、大ヒットした。

わかりますか?

ヒントは、ギャル。

答えは、電卓をキラキラさせて、
デコいれたこと。

これだけで、ギャルに大ヒットですよ。

※「デコ電卓」の検索で出てきます。

これも「マジか~」って気分ですが、
さっきよりは、少し落ちいて聞けますね(笑)。

何故なら、
「な~んだ、要するに、
日常のアプリを少し装飾してやればヒットする」

そんな法則性が少しあるような。

でもね、それは甘いですよ!

全く日常と関係ないアプリもヒットするようで、

例えば、
「100万のタマゴ」というアプリがあるのですが、

このアプリは、画面に卵があって、
ただ、タップするだけ。

100万回タップすると、その卵が割れる。

たったそれだけなので、
「誰がやるの?」って思いますが、

でもね、なんと、
そのアプリは世界中で大ヒットして、
累計700万ダウンロードです。

日常生活と関係なくても、
そんな単純なアプリがヒットしてしまう、この現実。

う~ん。

で、最後に極めつけ。

「ホモォいじり」というアプリなのですが、
「ホモォ」という意味不明のキャラクターを勝手に作り、

世話したり、食事させたり、ホモ話したりするゲーム。
(「たまごっち」みたいなゲームかな。たぶん)

これは腐女子という(オタクの?)世界で
大人気らしくて、100万ダウンロード・・・・・

でもね、すみません。

書いてる私自身、
(ホモ)言葉がほとんど意味不明で、

もう解説できない(笑)。

でもね、一つ強調しておきたいのは、

「ホモォいじり」は、

元コールセンターで働いていた女性が、
プログラムを習い、その後、
研修でアンドロイドを受講して
たった1か月で作ってしまったこと。

その女性、沖縄在住で、
沖縄の新聞に掲載されたそうですが、
(ご存知の方、よかったら情報くださいね)

もとは、普通の女の子だった。

そう、今まで述べてきた事例同様、

卓越した技術は、ヒットの必要条件ではない。

「じゃあ、何が?」って言われると
困ってしまいますが(苦笑)、

でもね、大前提として、
一つだけお伝えしたいこともある。

と言うのは、実は前回のメルマガの後、
こんな感じのお便りが多かった。
(三つ紹介してみますね)

——————————————-

目から鱗的な発想、是非メルマガにしてください。

——————————————-

「使いなさい」の上から目線ではなく、
作者の人となりを出したアプリでしょうか。

——————————————-

多くのAndroidアプリがあって、
その中で生き残る方法を教えてほしいです。

——————————————-

みんな「コツ」を求めている(苦笑)。

「コツ」をつかんで、
要領よくアプリ作りたい気持ちはわかりますが、
でもね、上記でみてきたとおり、

「コツ」なんて見えないですよ(笑)

だからね、アナタが何かのアプリ作って、
少しでも収入を得たいと思うなら、

やるべきことは、
即実行だけ。

それだけが唯一の前提条件。

卓越した技術も必要ないし、

いや、もちろん、
この2月に終了したサーチマンの
アンドロイド講習レベル程度の技術は必要ですが、

アイディアだって、
「誰がみても素晴らしいアイディア」は、
必要ない。

むしろ、
会社で絶対に稟議通らないアイディアが、
逆にヒットしている(苦笑)。

このメルマガの読者には、
(講習もしましたし)
アンドロイド技術をもっている人が沢山いますね。

「アプリ作って、多くの人に使ってもらって、
なおかつ収入を得ること」は、

もちろん難しい面も多々ありますが、

案外簡単に、
普通に手に入る可能性もある。

ただし、その権利は、
即実行した人にだけ。

ちなみに、上記の目覚ましアプリ作った方だって、
30代で組み込み系ソフトエンジニア。

アンドロイドだって独学ですよ。

(聞いた限りでは)
普通の人です。

実は今週末、
私はその人と面会するのですが、

もしかして、会ってみたら、
ものすごい「コツ」があるという可能性も
なきにしもあらずですが、

まあ、あったら、
その時はまた報告しますね。

とりあえず今日の結論は、
「実行しなければ、可能性はゼロ」

確かに言えるのは、このことだけ。

ではでは
またお会いしましょう。

ありがとうございました。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–

アンドロイド技術、個人的な報酬を得た話

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

年末から、この2月にかけて、
アンドロイドの講習を行いました。

その講習では、全くのゼロから、
環境構築、ページやボタンの作り方
地図アプリや電話アプリとの連携、
最後はDBの使い方まで一緒に勉強し、

簡単な業務アプリが作れるくらいになりましたね。

本当にお疲れさまでした。

今後、このアンドロイド技術は、

間違いなく仕事のネタになりますし、
コンサルする際のバックボーンになるので、

しっかり身に着けて頂ければと思いますが、

今日はね、
そんなアンドロイド技術が仕事だけじゃなくて、

副業というか、
個人的な報酬に結びついたと、

ある方からお便り頂いたので、
少し紹介してみますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンドロイド】アプリが無数にある中で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、多くの人が(アンドロイドの)
スマホやタブレットを使っています。

プライベートでも仕事でも。

同時に、多くの開発者が無数の(アンドロイド)
アプリを提供している。

そんな無数のアプリの中には、
大ヒットして収益をあげるアプリもありますが、

ほとんどのアプリは、収益をあげるどころか、
無料でもダウンロードさえして貰えない。

それが悲しい現実(苦笑)。

まあ、我々開発者としては、
どうせ勉強で作ったんだし、

どうでもいいやと思う面もありますが、

でも本音を言えば、
少しは他の人にも使ってもらいたいし、

いっそ、お小遣いくらいの収入でも毎月入ったら、
そりゃ、ハッピーですよね。

でも、そうなってくると、
もっと深い技術を学んで、
凄い機能をアプリに作りこむ必要があるのか?
ということにもなってしまうし、

う~ん、
それも面倒だったりと(笑)。

ジレンマに陥ってしまいます。

もちろん、
そうしなければいけない場面もあるでしょうが、

でもね、私にお便りくれた方は、
そんなジレンマをぶっ飛ばしている。

最初聞いた時、私は
思わず笑ってしまったのですが、

だって、その方の作ったアプリは、
なんと

「目覚まし時計」だったんですよ(笑)

「はっ?」て気分でしょう。

目覚まし時計くらいのアプリなら、
少しアンドロイドの勉強すれば作れるでしょ。
(といっても、サーチマンの講習程度のレベルは必要ですよ)

そんな(誰でも作れる)アプリなのに、
3カ月で2万近くもダウンロードされて、

あまつさえ、
有料版が売れて、毎月稼げてしまっている。

・・・・意味不明。

本当に私も不思議だったので、
いや、興味をもったので(笑)、

その方に問い合わせて、実際に
そのアプリをダウンロードし、

使ってみれば納得すると思ったのですが、

しかし、しかし、
使ってみても、

「う~ん」
(ほんと、失礼ですよね)

こんなアプリでいいのか?と。

だって、マジに時間セットして、
音を鳴らすだけ(笑)。

単純なのです。

スヌーズ機能もないし、
見栄えだって、業務アプリみたいだし。

しかし、ダウンロードされて売れている、
この現実。

何故だ?と。

私の想像力では、全く説明がつかなかったので、
そのお便りくれた方(作者)に、
色々と質問して、最近になってやっと

「何故だ?」について、

なるほど、こういうこともあるのかと
納得したところなのですが・・・・・

いやはや、「売る」ということに関して、
本当に勉強になりましたよ。

ありがとうございました。

そして、色々失礼なこと質問してしまったり、
(思ったりしてしまいましたが)
すみませんでした、と。

まあ、実は最近、
そんなやりとりしていたのですが、

さてさて、
ここからはアナタへの質問。

ちなみにですが、アナタも、
その「何故だ?」に興味ありますか?

興味あるなら、この続きも
メルマガにしてみようかなあと考えていますので。

ま、とにもかくにも、
とりあえず今日は、
面白いお便り頂いたので、

皆さんも興味あるかなあ?と思って、
お知らせしてみました。

ではでは。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–

何故Javaなのか?何故オブジェクト指向なのか?と。

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

今日は、Javaやオブジェクト指向の話をしてみます。

まず、そもそもですが、
インターネットが普及すると同時に
Webシステムを作る手段として、その昔は、
色々なプログラム言語が百花繚乱のごとく使われていました。

しかし、時を経て、
「Java」が一つの主流として定着してきましたね。

多くのショッピングサイトでも使われていますし、
「セキュリティにうるさい銀行のシステム」でも、
例えば、三井住友銀行とか楽天銀行とかでも

「Java」が使われています。

さらには、Androidの開発だって、
「Java」が基本ですし。

何故か?

色々理由はありますが、
ひとつの大きな理由は、やっぱり

Javaが
「オブジェクト指向」

ということ。

「オブジェクト指向」を使うと、
ソースがすっきりするし、
特に大規模開発にむいているし
(つまり分担して開発できるし)、
要件変更に柔軟に対応できる等々、

そんなメリットがあるからですが・・・・

と言っても、
実際にやったことないと、
イメージわかないですよね。

「だから、Javaを試してみてください」
と言いたいところですが、

でも、今はとりあえず
聞くだけ聞いておいてください(笑)

後学のためにも。

じゃあ、そんな
「オブジェクト指向」とは何なのか?

単純に言ってしまえば、
システム上で、
オブジェクト、つまり「モノ」に注目した
プログラミング手法なんですね。

システム上の「モノ」とは・・・・

例えば、
ユーザー管理システムだったら、
ユーザーというモノがオブジェクトになります。

ショッピングシステムだったら、
商品というモノがオブジェクトになります。

車販売システムだったら、
車というモノがオブジェクトになります。

さらに、モノの定義は、
眼に見えない無機質な概念やデータだって問題ありません。

例えば、通報システムだったら、
通報のデータがモノであり、
オブジェクトになります。

これだったら、
イメージわきますよね。

わかない?(笑)

このモノという概念を定義し、
メインプログラムとは別個に(←ここ重要)
プログラムしてしまう。

それがオブジェクト指向。

別個にプログラムされた
オブジェクトは、
メインプログラムから呼び出すだけで、
その中身を全く意識することがない。

だから、分担して開発できるし、
要件変更があっても、
メインとオブジェクトを切り離して
対応できるので、

メインプログラム作っている人にとっては、
スッキリして楽なんですね。
(↑ここ、さらに重要)

———————————————-
※ちなみに、「Javaオブジェクト指向基礎講習」
を受講中の方は、4日目、5日目に注目してください。
スッキリ感がイメージできますので。
———————————————-

そう、楽だし、
スッキリする。

反対に、せっかく(オブジェクト指向できる)
Javaを使っているのに、

いっさいがっさい全てを
メインプログラムに書いてしまう・・(マジ??)

・・・・こういうことやると、

ぐちゃぐちゃで、
非効率なプログラムになってしまいます(苦笑)。

やっちゃ駄目ですよ。

とにもかくにも、まずは、
「モノ」に注目し、
それをプログラムして、

メインプログラムとは別個にする。

これがオブジェクト指向と思ってください。

そのイメージがあればね、
一般にわかりにくいと言われる、
既存の本やネット情報も、
多少わかりやすくなるはずです。

(例えば、IT用語辞典(e-Words)には)
大抵は、こんなことが書いてありますね。

————————————————–
オブジェクト思考とは、
その内部構造や動作原理の詳細を知る必要はなく、
外部からメッセージを送れば機能するため、
特に大規模なソフトウェア開発において
有効な考え方であるとされている。

例えば・・・・・

テレビを操作する時、
テレビ内部でどのような回路が働いているかを理解する必要はない。

ただテレビの操作方法だけを知っていれば、
それでテレビを使うことができる。

————————————————–

ね、なんとなくでも、
腑に落ちるでしょ。

でも、もちろん、
アナタの手のひらにあるがごときの
「わかった」感覚ではないと思います。

そこで、次回は、
じゃあ、モノをプログラミングするって、
どういうこと?

を説明していきますね。
お楽しみに。

ありがとうございました。

———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–