IT技術者の安保法案の賛否は、世間と違った

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

先週、(国会で大騒ぎになった)
安保法案が可決しましたね。

このメルマガでも、

「アナタは安保法案に賛成か?反対か?」

というアンケートを実施しましたが、
いやー、読者から凄い量のお便り頂きました。

(史上、最多かも)

たぶん、この問題については、
みなさん、危機意識をもっているのでしょうが、
周りの人と話すには勇気が必要ですもんね。

だから、思いっきり
サーチマンにぶつけてくれた。

本当に、本当にありがとうございます。

感謝感謝。

ただ、あまりに量が多くて、
あいかわらず、
お便りの返信が全く出来ていません。

でも、全て読んでいますので、
ご了承くださいね。

そして、今後もジャンジャン送ってください!

このメルマガは、
(賛成だろうが、反対だろうが)
アナタのお便りがエネルギー。

どうぞ、よろしくお願いいたします

では、結果をみていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンケート結果】 IT技術者は、安保法案に賛成か反対か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ずばり、以下のような結果になりました。

——————————————–
大賛成 146票
どちらかと言えば賛成 217票

大反対 66票
どちらかと言えば反対 54票

わからない 74票
そのほか 39票
——————————————–

↑が、私の読者の結果ですが・・・・

一般的に、
メディアの報道を見る限り、

現時点では(安保法案に)
「賛成3割、反対5割、わからない2割」
ですよね。

でも、
IT技術者(私の読者)は、
「賛成6割、反対2割、わからない2割」
という感じでした。

メディアで公表されている数字とは、
全く違いますね(苦笑)

さらに言えば、
サーチマン読者には、
沖縄の方も何人もいらっしゃるのですが、

(今回のアンケート)
もしかすると沖縄の方からは、
強い反対意見があると思いきや、
(私が確認できた範囲では)
大賛成の方が多かった。

これも、メディアと違うようです。

はたして、
これが何を意味するのでしょうか?

一般的に、
テレビや新聞しか情報源がない人は、
左に洗脳され、

ネットしか見ない人は、
右に傾くとも言われています。

その影響??

それとも、IT技術者よろしく、
色んなオプションを検討し、
論理的に考えた結果か?

社会人として、リアリズムか?

一般人とIT技術者の違いが、
こんなアンケートでも浮き彫りになり、

これはこれで、興味深いですよ。

その原因を、
各自考えてみてほしいですが、

とりあえず、
どんな意見が届いているのか、
見ていきましょう。

【賛成側の意見—start】
——————————————–
今回の安保法案が、「戦争法案」なら、
これからの政府の行動をしっかり監視すればいい。

本当に戦争へ突き進むような運用をするのであれば、
そのような政治家は投票で落選させればいいだけ。

「強行採決だ」なんていっているけど、
議院内閣制をないがしろにしている。

それが嫌なら憲法改正しかないでしょう。

——————————————–
(沖縄在住の方から)

中国は、尖閣、沖縄は自国の領土だと公言しています。

日米安保が無ければ、
とっくに実効支配されていたかもしれません。

中国による領海・領空侵犯は続いています。

恐らく中国の手先となって、
「集団的自衛権行使容認反対」を国内から煽っている輩もいる事でしょう。

平和ボケしているのは日本人だけ。

憲法改正が王道ですが、
安部さんのやり方がまずくて混乱しているのは確か。

マスコミも国民ももっと冷静にこの問題を考えないとダメダメですよ。

——————————————–
これまで日本を守ってきたのは、
日米同盟です。

憲法9条は、理想ではありますが、
9条があるから他国が侵略を遠慮するという事はあり得ません。

日米同盟を破棄して、
日本が単独で防衛能力を保有するのはあり得ないのだから、

日米同盟を基本として、
共同防衛体制を整備するというのは当然のことと思います。

——————————————–
【賛成側の意見—end】

そう。

私は、ここでは、
敢えて「賛成」「反対」を表明しませんが、

「賛成」派は、
理想はどうあれ、現実的に、
他国(特に中国)の脅威をどうするのか?
と思考してくる人が多かったですね。

一方で、
「反対」意見は、どんな感じでしょうか。

【反対側の意見–start】
——————————————–
反対です。
小学2年の息子が、
国会での様子をみて「これは何をやっているの?」というので、
こんこんと説明してみました。

私の住んでいるところは、航空自衛隊があり、
息子の友達のお父さんも自衛隊の方が多いと言うこともあり、
生活に密着しています。

その息子が、涙を浮かべて、
「こんなふざけた決め方しないでほしい!!
僕は戦争にいきたくない!!」と訴えました。

親ながら、胸が痛みます。

徴兵はないだろうと言われてますが、
またこうやってあっという間に徴兵制度が決まったりしたらと思うと
鳥肌ものです。

——————————————–
安倍さんは、
この法案が可決したからと言って、赤紙が来ることは無い
って、言ってるけど、

安倍さんの次の総理大臣とか、与党が変わったら、
この法案を歪曲解釈して、
そう言う方向に持っていく政治家が、
出るかもしれないじゃないって、
絶対反対です。

安倍さんは、その頃には、良い老後を送ってて、
我関せず、になるんだろうなぁ
って、思います。

——————————————–
安倍は、日本の「存立危機事態」に
日本を守るために集団的自衛権を行使すると言っていますが、

今回の法案を通したうえで
アメリカが参戦要求をしてきて、
断ったら、日本は「裏切り者」でしょう。

それこそ「存立危機事態」。

つまり、どうあっても
アメリカの参戦要求は断れないのです。

このような話をすると、
飛躍しているといわれることもありますが、
私は論理の飛躍的な話は一切していないつもりです。

むしろ、「安保法案=戦争法案」は飛躍だと、
何も根拠なく言っているほうが論理の飛躍だと思っています。

アメリカは色々な国(特に資源を持つ国)の紛争に手を出し、
戦争を起こしてきました。

今後もそれは続くでしょう。

アメリカと喧嘩をする必要は無いと思いますが、
アメリカの起こした戦争に協力をする必要は無いでしょう。

アメリカの軍隊に日本が守られたことなど無いのですから

——————————————–
【反対側の意見–end】

反対派は、
政治の暴走や赤紙を危惧する声、
アメリカの身勝手な戦争を批判する人が多かったですね。

確かに、私も、アメリカの身勝手な戦争には、
つきあいたくない。

でもね、つきあいたくないから、
「日米同盟を破棄しろ」という意見は、
ゼロだった。

そのへんは、どう考えているのでしょうか?

具体的に言えば、
日本を守ろうとしたアメリカが攻撃された時、
日本は反撃できないままでいいのでしょうか?

次の大統領候補の
トランプ氏は、

「そんな(不平等な)
日米同盟なら、破棄してもいい」

と言い出しています。

近い将来、
「安保法案には反対で、日米同盟は賛成」
ってこと自体が、
そもそも成り立たなくなるかもしれない。

相手あってこその話ですからね。

そんな気がしないでもないですが、
よかったら、また、ご意見くださいね。

ということで、
今回のアンケートでは、
本当に本当に、沢山のお便り頂き、
(ってか、読むだけで4時間くらいかかりました、笑)

アナタが真剣に、子供のこと、
日本の将来のことを考えていることがわかりました。

これはこれで、右も左もなく嬉しいこと。
ありがとうございました。

紙面の都合上、ここで終わりですが、
読者からのご意見を、もっと読んでみたい方は、
↓にアナタのメールアドレスを入れて、「送信」をクリックしてくださいね。

メールアドレス:

(解除できない迷惑メール等は、絶対にお送りしません。)

↑のメールアドレスに、

読者からの多様な意見をお送りしますので。

ではでは。