その他」カテゴリーアーカイブ

若手SE男子の草食化は本当か?「金がほとんど」炎上。

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

最近、私の読者(ほとんどがSE)にむけて、
こんな調査を行ってきましたね。

朗報です。2015のSE年収調査、全国平均を大きく上回る。

SE女子が結婚相手に望む年収の調査結果と、その理由。

この二つの調査の
結論を簡単に言うと・・・

SEになるような人は、ちゃんと勉強するので、
ある程度の収入がある。

女性は、異性のパートナーに対して、
ある程度の収入を望んでいる。
(もしくは、将来の収入見込みある人を望む)

そんな結論でしたね。

ん??

となると、
SE男子は

もしかして、巷言われいる
「男子の草食化」問題と無縁なのでは?
という気もするわけです。

だって、SE男子は、
平均年収を上回っているし、
女性は、ある程度の収入を希望するのだから、
女性とうまくマッチングしそう??と。

いや、いや。

でも、現場をみると、
むしろ、若手SEこそ
草食化が進んでいる気もする(苦笑)。

実際、どうなのか??

前回は、その調査を行ってみましたが、
皆様から、沢山の回答を頂きました。

本当に本当に、
ありがとうございます。

そのおかげで、
今回、一つの結論がでました!

結論を一言で言うと、
若手SE男子においても、
確かに「草食化」が進んでいます。

しかし、その「草食化」は、
一般と違った形で進んでいるんですよ。

何故なら・・・・・

と、言いたいのですが、
ちょっと、待ったあ。

ここから先は、少し問題があります。

だって、
その内容を普通にメルマガで送ると、
たぶん、迷惑フォルダに直行するかも(苦笑)。

どうしても、
「H」な言葉も入ってしまうしね。
(↑意味、わかりますよね)

お察しください。

従って今回は、
明示的にメルマガを送ります。

本当にお手数で申し訳ないのですが、
続きの内容は、
↓にアナタのメールアドレスを入れて、「送信」をクリックしてくださいね。

メールアドレス:

(解除できない迷惑メール等は、絶対にお送りしません。)

続きの内容をお送りいたします。

先ほども言いましたが、
迷惑フォルダに入る可能性があるので、
くれぐれも、
よーくチェックしてくださいね。

ではでは、以上です。

またお会いしましょう。

ありがとうございました。

●追伸
SE女子が結婚相手に望む年収の調査結果と、その理由。
において、こんな感想がいくつか届いています。

——————————————-
お金は「全て」ではありませんが、
「ほとんど」です。

と言う意見に、めっちゃ腹立ちました。

IT系ならパソコン好きだし、稼げる筈だし、
技術力さえつければ、高収入を得られると思って頑張ってきましたが、
戦術を間違えたか、気がつけば、日雇いIT労働者ww

そんな事、言われなくても、金がほぼ全てなんは、
わかっとるわ、ボケ。…まぁ、事実だけに、腹が立ったのでしょうが。

ひさびさに殺意を覚えました。
…覚えただけで、絶対、実行しませんから、
そこは、佐藤さんも、この女性も、勘違いしないでください笑

——————————————-

まあ、気持ちはわかります。

でも、お互いに
一つの意見としてみておきましょうね。

ではでは。

●参考
若手SE女子の恋愛事情はどうなのか?その調査結果

SE女子が結婚相手に望む年収の調査結果と、その理由。

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

前回、気軽に
2015年、アナタの年収いくら?」と調査しましたが・・・

しかし、これ、よく考えたら、
個人的には恐ろしい調査でした(汗)。

私の読者の平均年収が、
全国平均を大きく上回ったからいいですが、
全国平均より下だったら、悲惨でしたよ。

「サーチマンメルマガ読んだら、アホになった」
・・・みたいな(苦笑)。

いや、もちろん、
メルマガの内容と
アナタの年収は関係ないですが、

でもね、このメルマガを読んでいるってことは、
アナタは、何か情報を求めているわけでしょ。

つまり、「情報強者」です。

私、思うのですが、近年、
「情報強者」と「情報弱者」の差が広がっていて、

その差が年収にも出て、
今回の調査結果になったのでは、と。

こう言っては何ですが、
これだけネットが普及しても、
何にも知ろうとしない人、調べない人、考えない人、
世の中、結構いるでしょ。

少なくとも、アナタは、
こんなメルマガ読むくらいですから、
何か知ろうとしているし、調べるし、考える人で、

その差が年収差に出たと。

加えて、今のSE就職事情です。

結論から言うと、
完全な売り手市場になってます。

インテリジェンスがまとめた
2016年2月の転職求人倍率は3.24倍にもなり、
全職種平均の1.10倍を大きく上回っている。

そりゃ、この市場を背景にして、
「情報強者」の集団でアンケートをすれば、
平均年収は跳ね上がる!(笑)

さてさて。

少し話題変えて、
恐ろしい調査をしたついでに、もう一つ、
さらに恐ろしい調査をみていきましょう。

じゃあ、私の女性読者(たぶん、だいたいSE)は、
「結婚相手に望む年収」はどうなのか?

そんな調査もメルマガでしてみたのですが、
結果は、以下の通りになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【質問】女性が結婚相手に望む年収は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

好きになったら収入は関係ない
16.5%(15.1%)

300万円以上
22.0%(30.0%)

500万円以上
24.3%(36.2%)

700万円以上
25.7%(13.1%)

1,000万円以上
3.7%(4.3%)

1,500万円以上
7.8%(1.3%)

()内は、アニヴェルセル株式会社が調査した一般女子の値
投票数:218クリック。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この種の調査を行うと、一般に比べて、
私の読者(SE)の数字が違うことも多いのですが、

今回の結論は、
「SE女子が結婚相手に望む年収は、割と高い」でした。

何故でしょうか?

その理由が届いてますので、ご紹介しましょう。

————————————————-
700万円以上を希望します。

自分より低いのは、
経済的な面以外にも
男性側のプライド的にもよくないんじゃないかと。

私自身がもっと高収入でしたら、
開き直って主夫をしていただくって手もありそうですが…。

————————————————-
自分の年収以上を望みます。
それは、男性のプライドを保つためです。

————————————————-
好きになったら収入は関係ないと思い、
結婚する時も
相手の収入(将来性とかも)気にしませんでした。

でも、男性の立場からすると、
妻の方が収入が良いのは、気分が良くなかったらしいです。

————————————————-
700万円以上を希望します。

別に高望みしているわけではありませんが、
自分より低いと
相手が引け目を感じたり、
私の収入をアテにされるのは嫌なので。

————————————————-

なるほどねえ。
この種のお便り、とっても多かったですよ。

つまり、(ある程度の経験を経た女性は)
男性がプライドの塊で、でも、
そのプライドがガラス細工だと知っている(笑)。

私の女性読者は、
ある程度の収入があるので、

(本当は収入なんて関係ないんだけど)
男性のプライドを保つために、
高収入の男性を望むと。

そんな事情があるようです。

複雑ですねえ。

ほんと、男って嫌ですねえ(苦笑)。

(男性代表として)すみません。

まあ、そんな複雑な事情もありますが、
一方で、「お金は大事」と現実的に考えている女性も多い。

こんなお便りも頂いています。

————————————————-
年収は高いほうがいいです。

低いと私が面倒みなきゃいけないの?って
思ってしまいますから。

だったら一人の方がマシってね。

お金が「すべて」ではありません。
「ほとんど」です。

お金があればまるく収まることって、
ほんとにたくさんあるんですよね。

時間は買えないけど、
ファーストクラス使えば体力が持つ分、
時間を節約できたとは言える。

気持ちを買うことはできないけど、
拗ねた奥様においしい外食でも一緒にしたら機嫌はなおる。

お金って血液みたいで、
身体中をめぐっていて、健康のバロメータなんですよね。

無かったらそれは病気。貧血になって倒れてしまう。
十分にあったら献血できて人の役にもたつ。

————————————————-
年収300万を切る人は、
紛うかたなきブラック勤務か年収アップが見込めない気がして、
産休育休取れないな、と付き合う前に諦めてしまいそうです。

付き合う時点でこのラインを超えていて、
なおかつ今後の年収アップが見込める人が理想かなと思います。

————————————————-

こういう感じの現実的な意見も多い。

確かに、「お金」は大事。

じゃあ、稼げない男性は、
諦めなくちゃいけないのか?

まあ、個人的に思うのは、
年収なんて、上には上がいるんだし、
男として、そんなこと気にしたら負けなわけで、

例え、稼げなくても、
「将来こんなことしたい」って宣言して、
紙に書いて机の横に貼っておく。

で、地道に毎日努力して、
ひたすら夢を語る。

そうすると、少しは
振り向いてくれる女性もいるのでは、と思いますが、
今の世の中、甘いかな??

・・・・って、実は、これ、
サーチマンが貧乏時代にやってた作戦かもですが(苦笑)。

さてさて、そんな色んなこと考えてしまいますが、
でもね、ここに一つの真実のお便りも頂いてます。

————————————————-
大学からの同期と結婚したので、
年収は気にしませんでした。

今から探すのであれば少し気にするかもしれませんが。

————————————————-

社会人になって、
あれこれ考える以前に、

学生時代の恋人とゴールしてしまうのが、
案外と幸せかもですよ。

以前、
SE女子の独(毒)白と本音、そして迷い
を紹介しましたが、

社会人になり、
自由になり経験を積むほどに、
人は選択できなくなる真実があるので。

ではでは。
今日はこのへんで。

またお会いしましょう。
ありがとうございました。

●参考
若手SE男子の草食化は本当か?「金がほとんど」炎上。

若手SE女子の恋愛事情はどうなのか?その調査結果

アナタが一緒に仕事したいオフショアの国はあるのか?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

先日のメルマガ、
我々は甘かったのか、技術者がネットの自由を守る闘い」・・

ちょっと前になりますが、
覚えていますでしょうか?

このメルマガ、
いつもより多くのお便り頂きました。
(ありがとうございました)

多かったということは、
皆さん、思う所も多かったのでしょうか。

そのお便り、
いくつか紹介してみますね。

——————————————-
お隣さんに色々悩まされますね。

「南沙諸島」「AIIB」「環境汚染」
「工場爆発」「著作権侵害」などなど。

「百度」もそうですが、
「Huawei」や「Lenovo」も話題になりましたね。

なので、我が社では、
お隣さんの通信関係の機器は導入していません。
(したくない)

いくら値段が安くても、
信用(信頼)できないものは使おうとは思いません。

——————————————-
非常に参考になりました。
某国は、やはり何があってもおかしくない国なんですね。

——————————————-
レノボPCにも、ハードウェアレベルで
バックドアが仕掛けられているというニュースもありました。

前に保守系の関西ローカルTVの討論番組で,
「中国は嘘つきで日本は正しい」という中国批判の論調で議論が進んでいて,

それまでずーっと黙っていたソフトブレーン創業者で
親中の宋文洲さんが意見を求められ,

反論するかと思いきや
「こんな議論は幼稚だ」と、
一言だけ言ってのけたのが印象的でした。

つまり,どちらかが正しいかどうかではなく,
最終的に果実を得たものが勝者だという,
正に大陸の文化というか,
中国の国民性を冷静に理解して対応するのが
重要だと痛感した次第です。

そこを気付いていない日本人があまりに多く,
「普通そんなことはしないだろう」という
日本人の良識というか

島国の物差しでしか彼の国を見ていないのが
大問題だと思います。

——————————————-

彼の国への批判が多かったですが、
やっぱり、基本的な価値観が違うのでしょうか。

中国人の方、もしくは
中国と関わっている人がいたら、
教えて欲しいのですが・・・

私は、
「公正さ」、「誠実」、「正直」は、
時代や地域を超えて、
誰もが認める人類共通の価値観で、

たまたま、各人の成長段階によっては、
表に出てない場合もあるけど、

でも、必ず誰もが内包している価値観、
そう信じたいのですが、
違うんですかね??

甘い??

例えば、アメリカには、
「ワシントンの桜の木の逸話」があるように、
正直を美徳とする教訓があり、

西欧にも、
「一生幸せでいたいなら、正直でいろ」
という諺もある。

まあ、一方で、
「正直者が馬鹿をみる」とも言われますが、
それは、あくまで一時的なことで、

人生の長いスパンで考えると、

「Honesty is the best policy.」
(正直は最善の策)

だと。

どうなんでしょうか?
よかったら教えてください。

ところで、その価値観の話ですが、
以前、我々の業界では、

「オフショア開発」が、

もてはやされましたね。

中国、韓国、インド、
ベトナム、フィリピン、インドネシア、ミャンマー。

安い人件費で、
大きなメリットがあると言われてましたが、
最近、あまり聞かなくなりました。

原因は、
人件費の高騰もありますが、
何より、価値観が違いすぎて問題が多いから。

そのマネージメントにコストがかかる。
(もちろん、うまくやっている所もありますよ)

私の個人的経験で言うと、
中国、韓国、インドと仕事しましたが、
やっぱり価値観の問題には悩まされた。

個人差もありますけどね。

そこで最近は、
「ニアショア開発」を実践している会社も多い。

「ニアショア開発」とは、
国内の遠隔地に開発を委託すること。

東京や大阪は、
案件が多いですが、地方は少ない。

でも、優秀な人材もいるし、
人件費も都会に比べたら安いし、
ネットを使えば仕事ができるし、

何より、同じ価値観をもつ安心感。

つい最近も、
そんなスタイルの会社の人から、
直接話を聞きました。

そこで、今日は最後にアンケート。

この業界にいるなら、
「オフショア開発」「ニアショア開発」
関わることもあると思いますが、

アナタは、
どの国がいいですか?
(どの国が一番メリットあると思いますか)

もちろん、時と場合によるし、
現段階の想像や希望でも結構です。

是非、
一つクリックしてくださいね。
(このアンケートは終了しました)

韓国

中国

インド

ベトナム

フィリピン

インドネシア

他のアジア

ニアショア(日本の遠隔地)

その他

●上記のアンケート結果は、こちらになります。

●アンケートはメルマガで行っています。
メルマガ読んで、アナタも一緒に考えましょう。
———————————————–
メルマガ購読は、こちらから
(登録後、解除する場合は、メルマガ内の解除クリックから簡単に解除できます)


 


※登録後、確認メールが届きます。
※このブログ以外の面白い話も満載です。
———————————————–

このブログの簡単な感想・ご意見はこちらから

お名前 (できれば)

メールアドレス (できれば)

メッセージ本文

———————————————–

道具に対するポリシーやこだわりは?の話

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

最近、アンドロイド講習やっていて思うのですが、
アンドロイドの開発環境には、
PCにそれなりのスペックが要求されます。

具体的に言えば、
さくさく動くためには、メモリ8G程度は必要です。

でもね、すごい低スペック、
2Gとかで頑張ろうとする人がいるし、
「4Gじゃ無理ですか?」という質問もくる。

でもね、私が自分のPCで試した限りでは、
4Gだと、すげー遅くて、
ぎりぎりという感じでした。

ちなみに、私は家に、
メモリだけで言うなら、
4G、8G、16GのPCがあります。

3年~4年に1回は購入するので、
そんな感じで溜まっています。

ところで、アナタは、
どんな感じでPCを買い替えますか?

私が思うに、
少なくとも我々は、その道のプロなわけで・・・

いやいや、こう書くと、
また批判メールがくるので、
前もって言っておきますが、

明日、食うに困るんだったら、
そりゃ、また違う話ですよ。

PC買わないで、
食うもの、買ってください。

でもね、私が思うに、
お金に多少でも余裕があるなら、
今、ふつーに市販されているPCのスペック程度、
今なら、8G程度は、持つべきでないでしょうか?

だって、プロだから。

PCは、我々IT技術者にとって、
仕事上、絶対に必要。

効率的にも、精神衛生的にも、
快適に作業するためには、
それなりのPCを持っておくべきではないでしょうか。

少なくとも、
一般人が持っているもの以上。

だって、プロだから。

我々の貴重な時間が、
PCのハードディスクが唸っている音に、
奪われてはならないし、

快適な環境で、
最高の仕事をする。

プロとして、前提では?

スポーツ選手であれ、アーティストであれ、
大工であれ、美容師であれ、何でもいいですが、

プロなら、最高の道具で仕事するでしょ。

プロが、
アマチュア以下の道具使っていること自体、
もうプロじゃない。

自己否定です。

そんな自己否定を、
我々IT技術者がやってはいけない。

どの世界でも道具は進化するし、
それにあわせて、プロも道具を選ぶ。

IT技術者も同じですよ。

いや、プロ論は語らなくてもいい。

単純に、スペックが高いPC使えば、
作業効率上がって、
気持ちいいですから。

IT技術者にとって、
PCは必要経費でもあるし、
投資でもありますよ。

冷静に考えれば、たぶん、
すぐに回収できる。

まあ、それぞれ考え方はあると思いますし、

某スポーツ選手のように、
道具に異常にこだわれとは言いませんが、

プロとして、アナタなりの
道具に対するポリシーやこだわりを、
少しはもってもいいかもですよ。

以上、今日はそんなこと思いました。

ではでは。

またお会いしましょう。
ありがとうございました。

我々は甘かったのか、技術者がネットの自由を守る闘い

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

昨日、1月15日の読売新聞に、
我々IT技術者にとって、
(いや、一般の人にとっても)
衝撃的なニュースが掲載されていましたね。

【中国「百度」のアプリ、無断で情報送信】

要するに、
中国(のこの会社)が提供する
アンドロイドアプリを入れると、
アナタのスマホの中にある情報が、
Wi-Fiに繋ぐだけで、
勝手に抜き取られてしまう、と。

—————————
※業界用語では、
それを「バックドア」と言います。

後で出てきますので、
「バックドア」は頭の片隅に入れてくださいね。
—————————

これに対して、中国の会社は
「事実無根の言いがかり」と、
猛反発しています。

・・・・いつものパターンか?(苦笑)

それにしても、困ったものです。

このアプリの真偽はともかく、
この中国の会社は、
昨年秋には、超ド級の問題を
(確信犯的?に)起こしましたね。

ご存知ですか?

IT技術者なら、絶対に知っておいて欲しいですが、
我々は、例えばアンドロイドアプリを開発する時、
開発環境を作りますよね。

その開発環境は、
まあ、デファクトスタンダード的なものはありますが、
色んな会社が、
色んな開発環境を提供しているので、

アナタの現場でも、
「開発環境は、何にする?」って、
ふつーに会話するでしょ。

で、普通、その(開発環境の)選定は、
使い勝手や、デバッグのしやすさ、
生産性の高さを、検討すればよかった。

・・・・今までは。

しかし、今後は、
「そもそも信頼できるのか?」
も検討すべき。

何故なら、
この中国の会社が提供した
アンドロイド開発環境には、

確信犯的?に、
「バックドア」機能が仕込まれていていた。

どういうことか?

つまり、この開発環境を使って、
アナタが普通にアプリを作ったつもりでも、

そのアプリには、
「バックドア」が入ってしまうのである。

想像もできない悪質な、
超ド級の問題。

冗談じゃないでしょ!!

もちろん、その中国の会社は、
「バグであって、意図は無い」と言っていますが、

トレンドマイクロの分析を読むと、開発環境に、
「バックドア」機能のソースが、埋め込まれている。

やっぱり、確信犯じゃねえの(笑)?

いえ、笑いごとじゃないのです。

我々は、
甘く見すぎていたのかもしれません。

安い労働力、高いモチベーション、
そして大きな市場。

目先の利益に飛びついた結果、今、
巨大なしっぺ返しを食らっているのかもしれません。

インターネットは自由。
そして、実力の世界。

誰もが自由に発信し、自由に開発者になれる。

既存の世界を打ち破り、より自由な発想で、
より便利なサービスを提供したものが、成功する。

学歴もコネも国籍も、貧乏も金持ちも関係ない。

ガレージで起業しても、
勉強すれば勝てる。

しかし、卑怯や不正をやってはいけない。

こんな無茶苦茶なことやれば、
いつの日にか、

ネット発信は登録制
開発者は許認可制

そんな規制が出来てしまう可能性だってある。

(インターネットの)
自由がなくなってしまう。

私は、それを恐れる。

自由を担保するのは、
「やってはいけない」ルールを、
我々が自主的に守ること。

しかし、いくら我々が頑張っても、
一方で、
「まさか」と思うような悪質な人(国)がいる。

今後、我々は、ますますモラルを高め、
価値観を共有する人と連携し、
そんなルールを破る人(国)との闘いが
続くのかもしれない。

技術者として、
日本をいい国にするため、

お互いに、
気を引き締めていきましょうね。

ではでは、
またお会いしましょう。

ありがとうございました。

●追伸
このメルマガは、
アナタが一緒に仕事したいオフショアの国はあるのか?
に続きます。