仕事系」カテゴリーアーカイブ

Skypeでサーチマンと話そう飲もうって企画

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

突然で恐縮ですが、
(いや、以前から頭にはありました)

「Skypeで、サーチマンと話そう飲もう」
って企画、いかがでしょうか?

実は、勉強会を開いた時、

(勉強会とは別の目的?で)

「少し相談しいことがあった」
「話を聞いてほしかった」
「転職アドバイス」
「講習の質問があった」

「どんな人か会ってみたかった」
「一回飲みたかった」
「そもそも、何者ですか?」
「メルマガ儲かりますか?」

みたいな動機で参加される方が、
少なからずいました。

特に地方の方とは、
全然お会いする機会もないし、
都内でも、
勉強会参加が面倒な方もいます。

そこで、サクッと1時間程度、
私とアナタがお互いにSkype前で、
マンツーマン、サシで話す。

お互いに刺激する。

場合によっては、
お酒とおつまみをお互いに用意して、
「Skype飲み会」でもいいし、

まじめに、今やっている
講習テキストのフォローでもいい。

とにもかくにも、
「Skypeで、サーチマンと話そう飲もう」
って企画です。

いかがでしょうか?

たぶん、不特定多数のメルマガでは言えない、
ここだけの刺激的な話もできると思いますよ。

・・・・裏サーチマン的な(笑)

どうですかね?

ということで、
アンケートをとったのですが、

お陰様で、
多くの方が興味を持って頂きました・・・
と書きたいところですが、

さすがに、いつもの企画ほど多くなかった
(マニアックな企画ですからね、苦笑)。

でも、70人くらいの方は、
興味をもって頂いたようなので、
本当に本当に、ありがとうございます。

そのお便り、
メール後半の「追伸」で紹介しますので、
よかったら、是非読んでくださいね。

で、結論から言いますと、
そんなお便りにも押され、
企画を実行します。

がんばります!!

が、しかし。
すぐに、大きな「壁」が(苦笑)。

これは、我々の仕事に直結しますが、
(まずは要件定義ね)

「Skype飲み会」を実施するにあたっては、
日時を決める必要があります。

これ、どうやって決めるの??
メールで調整するの?

いくら、「興味ある」って答えてくれた読者でも、
そんなメール調整、うっとおしいですよね。

私も面倒ですし、
押しつけがましくて気がひけるし。

また、今後、新規募集する時、
メルマガで何回も、
「興味ありますか?」なんて聞き続けたら、
それこそ、解除の嵐でしょ(苦笑)。

理想的なのは、
「Skype飲み会」の空きカレンダーを作って、
参加したい読者は、
そこをクリックして、予約と決済が完了する、
そんな「予約システム」です。

よくありますよね。

会議室、美容院、歯医者、
個人のギター教室、
個人カウンセリングなどに使われる
「予約システム」。

そんな「予約システム」導入すれば、
多くの方が気軽に(←ここ大事)参加できる。

どなたか、
簡単に作れる方法知ってますか?

もしくは、多少ならお支払いするので、
作って頂いてもいいのですが。

う~ん、どうしよ。

この企画実行するにあたっては、
考えないとね。

ということで、企画は実施しますが、
そんな「予約システム」も必要だと思うので、
しばし、お待ちを。考えます。

ありがとうございました。

●追伸
「Skypeでサーチマンと話そう飲もうって企画」へ
読者からのお便り、いくつか紹介します。

【読者から】
———————————————–
佐藤さん
ご無沙汰しております。●●です。

座談会でもお会いしてますが、
どうしても声の大きい人が中心になってしまいますから、

サーチマン独り占めはなかなか興味ありますよ♪
———————————————–

マニアックですなあ(笑)
いやいや、本当に嬉しいですよ。
ありがとうございます。

【読者から】
———————————————–
地方の読者にはありがたい企画です。
———————————————–

【読者から】
———————————————–
Skype飲会、名称がいいですね。
地方だと、都会までの移動時間も
金額もばかにならない。

顔を見てお話しできるなら、
Skype等でもほぼ目的は達成できますね。

「酌み交わす」は難しいかもしれませんが、
そのうちこのあたりもIoTの力で解決されるかもww
———————————————–

はい、地方の方ともお話したいので、
この企画考えてみました。
ありがとうございます。

【読者から】
———————————————–
元々東京で働いていましたが、
出向で現在の仕事場が沖縄となり、
なかなか内地で行われるイベントごとにも参加できないので
興味はありますが、

本メルマガのライトユーザなので、
一対一では会話の間が持たないかと心配になります。
———————————————–

大丈夫です。
「会話がもたない」心配、ご無用。

アナタが、しゃべるの苦手なら、
私の独演会でもいいですし、
間を持たせる自信あり(笑)。

【読者から】
———————————————–
お酒呑めないのですが・・・大丈夫ですか?
———————————————–

もちろん、大丈夫です。
その時は、お茶かコーヒーで語りましょう。

【読者から】
———————————————–
スカイプ飲み会の企画、興味があります。

最近、地元の銀行から都内のIT企業に転職したばかりで、
先輩に相談したいことがあるけれど、
先輩の9割が他社に出向しているため、
ほとんどお会いできない
&同期は年下ばかりで、
気軽に相談できるIT企業勤めがおらず悩んでいました。

もし実現したら、是非お話してみたいです。
———————————————–

よかったら、是非、ご相談くださいませ。

正解が出せるかはわかりませんが、
真剣に相談をお聞きしますよ。
これだけは、お約束できます。




IT業界、セクハラ被害のお便り

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

今回の調査で、読者から、
セクハラのお便りをいくつか頂きました。

以下が、その内容になりますが・・・・
(↓クリックすると拡大します)

「相手の受け取り方の問題だろ?」
と言う人も多かったのですが、
そんな次元の問題ではありません。

もっと深刻でした。

(特に男性は)絶対に読んで、
注意したほうがいい。

※この内容を、このブログに掲載しようと思いましたが、
このブログ自体が、怪しいサイト認定されかねないので、
PDFにしてお送りします。

本当にお手数で申し訳ないのですが、
↓にアナタのメールアドレスを入れ、「送信」をクリックしてお取りよせください。

メールアドレス:

(解除できない迷惑メール等は、絶対にお送りしません。)

遠い世界の話でなくて、
我々の身の回りにもあります。

心しておきましょう。

ではでは、以上です。
ありがとうございました。

※お便りくれた女性読者の皆様、
ありがとうございました。

啓発のためのPDFに使わせて頂きました。




23歳の女性が、SE男子とつきあい、別れたその理由は?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

恋愛ネタが入ってきたので、
少し皆で考えてみましょう。

昨年、ある新卒の女性(SEじゃない)が、
SE男子とお付き合いを始めたのですが、

しかし、最近、別れてしまった。

その理由は?と聞いたところ、
「キーボードの叩き方が、激しすぎる」と。

へっ!?何それ?

最初、意味不明でしたが、
よくよく聞いてみると、

例えば、
旅行計画や買い物でPCを使う時、
キーボードを普通に叩けばいいのに、

カタカタカタカタ・・・
パンパーン・・
(と、音がうるさく鳴り)

そして、最後の「Enterキー」は、
右手を斜め上方にあげ、
V字の軌道を描いて、
「ターンッ!」と鬼の首を取ったかのように
強く叩き、しばし、ポーズを決める・・・・彼。

「お待ちかね、予約とったぜ!」

すみません、最後の一文は、
完全に私が挿入しましたが、
まあ、そういうSE男子の彼だったそうです。

で、おつきあいの中では、彼女にとって、
特に決定的な嫌なこともなかったのですが、

しかし、どうしてもそこが嫌になってきて、
別れを告げたそうです。

そんな気持ち、わかりますか?
というのが、今日のテーマ。

どうなんでしょうね?

我々は、毎日キーボードを使うのが仕事だし、
いつのまにか、癖になっている叩き方もあるし、
その叩き方に、性格が出ている気がしなくもない。

それとも、単に、指の力の強さの問題?
防音のキーボードカバーでも買えばよかったのか。

アナタの周りもみて、
どんなパターンがあるのか?

そこで、最後にアンケートです。
一つクリックしてくださいね。

【質問】
彼女の気持ち、わかりますか?

全く意味不明

わかるけど、気にしなくてもいいのでは

わかる、それは考えちゃうね

わかる、たぶん、それ性格が出てるよ

そのほか

次回、アンケート結果をもとに、
色々と考えてみましょうね。

ではでは。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。




━メルマガ登録する場合━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログでは言えない、もっと面白い話は、
こここら登録ください。

まともに伝えられないよ。仁義を切る時の特効薬。

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

年が明け、今週から
本格的に職場復帰の方も多いでしょうかね。

さて、年末に、
思わぬ怒りや悲しみに触れぬよう、仁義を切っておこう
というメルマガ出しましたね。

このメルマガ出してから、
年末年始を挟んだので、
忘れた方も多いでしょうか。
(すみません)

このメルマガでは、
こんなアンケート出しましたが、

その結果から、みていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【質問】
「仁義を切る」って、知ってますか?気をつけてますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【回答結果】

・そもそも知らないし、気をつけてない
18票(4%)

・知っているが、気にしてない
20票(5%)

・言葉は知らないが、気をつけている
145票(33%)

・言葉も知っているし、気をつけている
239票(54%)

・そのほか
18票(4%)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「仁義を切る」って、関西のほうでは、
「筋を通す」と表現するようですね。
教えてくれた方々、ありがとうございました。

まあ、そういう言葉は知らなくても、
約9割の方が、
「気をつけている」ということで、
何かほっとしましたよ。

まだまだ、世の中、
捨てたもんじゃない。

「仁義を切る」「筋を通す」は、
ビジネス用語と言ってもいいので、

(知らなかった方は)
今後使って頂ければと思いますが、

・・・・あっ、でも、なんか

意味を逆に理解している(苦笑)?
読者もいたので、

あらためて、言っておきますね。

「仁義を切る」とは、
「義理人情を最優先しろ」
という話じゃないですよ。

むしろ、その逆に、
「人情」と「利益」の
相反する事象があったら、
「利益」をとること。

「利益」をとる時に、
相手に一言断る。
それが、「仁義を切る」こと。

よろしいでしょうか。

言葉の響きからか、
逆に解釈している人がいて、
ここ、間違わないでくださいね。

大変なことになりますので(笑)

さて、そんな言葉の解釈を初歩とし、
問題は、その使い方。

マインド的にも、なかなか難しい。

こんなお便り、頂いています。

【読者から】
————————————————-
弊社のプロジェクトマネージャーと、
パートナーさんとの間の話です。

(雑談的な感じで)マネージャーは、
「今後しばらくパートナー契約を続ける」と話していたのですが、

(事情が変わり)
ある日、パートナーさんは、営業からTELが入り、
当月いっぱいで契約終了を伝えられた。

(雑談とは言え)
都合のいい話はして、都合の悪い話はしない。
営業を通して連絡してきたことに
そのパートナーさんは、
マネージャーに腹を立てていました。

そして、その契約打ち切りの話が出て以来、
マネージャーは客先に外出する頻度も上がり、

社内にいても、
パートナーさんに一切話しかけることがなくなった。
(火に油を注ぐ対応が続きました)

パートナーさんの退場日も、
マネージャーは客先に外出して、最後の挨拶もなく・・・。

パートナーさんは、最後の最後にマネージャー宛に
怒りのメールを送信して退場していきました。
(私やグループ内の人間にBCCに入れて)

数ヶ月とはいえ、
プロジェクトの危機を救ってくれた人だったので、
同じ会社の人間として、
私も非常に腹立たしく思いましたし、
パートナーさんには、
ただ上司(マネージャー)の行いを謝るしかできませんでした。

でも、(それがきっかけかで?)
このパートナーさんは弊社を去った後、
私の彼となり、現在は夫になりました(笑)。
————————————————-

おいおい(笑)
最後、そのオチか~(笑)。

おめでとうございます。

おあとがよろしいですが、
これは、典型ですね。

「仁義を切れるか、どうか」

勇気を振り絞って、逃げずに、
一言あれば、結果は違ったようですよ。

同じ読者さんからの続編があります。

【同じ読者から】
————————————————-
パートナーさん(旦那)も
契約を切られたこと自体は、
「事情により仕方ない」というスタンスなので、
一言「直接」話してくれさえすれば済んだ。

本来なら、マネージャーを、
「キューピット役ありがとう」と
結婚式に招待しても
おかしくないはずだったのですが・・・

このマネージャーを反面教師として
不義理を働かないように気をつけています。
————————————————-

ね。これですよ。

そりゃ、一時的には、嫌な思いもするでしょうが、
仁義を切れば、筋を通せば、
実は、多くの人はわかってくれる。
(これ、意外と気づかない)

でもね、マネージャーさんの
肩を持つわけでないですが、
「伝えるのが辛い」という気持ちも、
わからなくはない。

そこで、そんな時の
特効薬を一つ教えましょう。

知っている人は知っていますよね?

その特効薬とは、
他人の責任にしてしまうこと(笑)。

今回の場面だったら、
マネージャーは、こう言えばOK。

「私は、パートナー契約したいんですが、
社長の方針が出て、どうしようもないんですよ~」
とかね。

こうやって他人の責任にしてしまえば、
大義名分がたって、伝えやすいでしょ(笑)。

「社長が頑固で~」とか、
「お客さんの厳しい目が~」とか、

官僚の世界だったら、
「総理のご意向で~」とか、

ポイントは、
当たらずも遠からずの
強大な力を理由に出すこと。

ここは大事ですよ。

ポイント外れの責任転嫁は、
かえって、アナタが疑われますからね。
そこは注意。

ただし、この特効薬は、
もちろん、社長や総理にとっては、
いい面の皮(笑)。

そのへんは、心中で感謝しつつ、
寛大な心で許してもらえるでしょう。

結果、相手の面目も立ち、
阿吽の呼吸で、多くは、
それ以上突っ込んでこないし、

「仁義を切った」

ことになりますよ。

是非、使ってみてくださいね。

ではでは、またお会いしましょう。
ありがとうございました。

●追伸
田舎でよくある出来事と言う話で、
読者から、こんなお便りも頂いてます。

【読者から】
—————————————-
うちの実家(祖父)は、
車屋(販売や修理工)をやっています。

近所のみなさんは、
当然のようにうちで買ってくれます。
ほぼ値引きもしません。

こんな地域で数年前、ある出来事が起きたんです。

近所のお寺さんの住職が、脳卒中で倒れ、
若い息子が後を継ぎました。

けど、この若いお坊さん、
仁義を切らなかったんですね。

ウチの実家に。

というか、
若くてそこまで頭が回らなかったんでしょうね。

ディーラで安く車を買ってしまいました(笑)。

何か一言を言ってもらえれば良いんですよ。別に。

それが無くて、祖父、激おこ。

これまでの仏教の行事で、
ウン百万円、ン十万円と寄付していましたが、
これを徐々に減らしていってます。
(田舎なので角ができるだけ立たないように)

・・・前回は数万円。

車の値引きなんて、あっても50万円くらい。

というか、お寺なんて、
近所付き合い、檀家づきあいあってのものなのに。

この住職さんはもったいないことするなぁと思いました。

こんなことを思い出した今回のメールでした。

————————————————-

何を思うかは、読者諸氏に任せますが、
私は、長期の視点、短期の視点という課題で、
自分なりに得ることが大きかったお便りでした。

ありがとうございました。

●追伸2
こんなお便りも届いていますが、
こちらは、また解釈が違うような。

【読者から】
—————————————-
前回の宗教の例え話に怒った方からすると、

・・・中略

いくらサーチマンさんが、
自分は宗教に無頓着だから気にすんな!といっても、
ある人にとってはそうではないでしょう。

まずは不適切な表現だったと詫びること、
その上で無宗教であるから、
頓着してなかったと言うこと。

それこそ、仁義を切るべきではないでしょうか。
—————————————-

ご忠告、ありがとうございます。

私が謝るべきかどうか?は、
少し考えさせていただきますが、

この方のように、
「仁義を切る」の意味を
「謝罪」と解釈している人もいました。

確かに、「謝罪」のニュアンスは含まれますが、
「仁義を切る」と「謝罪」は、
同じ意味では、ないですからね。

「仁義を切る」は、
今回の本文の時のような状況で使うので、
このへんも、気をつけていきましょうね。

ではでは、以上になります。

━メルマガ登録する場合━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お友達にもお奨めくださいね。
https://www.searchman.info/touroku.html

2017、SE大感謝祭パーティ@サイボウズさん

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

昨年に続き、
今年も、「SE大感謝祭パーティ」を行いました。

今年は、東京日本橋、
サイボウズさんの本社ビル27Fをお借りしました。

入り口には、こんなオブジェ。

そして、この眺望。

会場の雰囲気は、こんな感じ。
(写真は、わざと、ぼかしてます)

素晴らしい場所とスタッフのご協力を頂き、
まずは、サイボウズさん、
本当にありがとうございました。

内容は、以下の通りに実施。
——————————————-
●ご挨拶、乾杯

●サーチマンは何者なのか?

●参加者一言紹介

●IT業界しくじり先生
「サーチマン氏に怒りをぶつけたけど戻ってきた先生」

●懇親

●ユニークな経営哲学
(全社員、年収1000万円へ)

●未来の働き方について考える

●SEクイズで、お土産ゲット
——————————————-

このパーティ企画、まずは、
サイボウズさんに場所をお借りする所から始まりましたが・・・

でも、担当者は、怪しいと思っていた。
(実際、後で本音聞いたら、その通りでした、笑)

私も、それがわかっていたので、
「絶対に人数集めて、成功させねば!」
と秘かなプレッシャーを感じつつ、

でも、「最悪、死ぬわけじゃない」と。
(このへんは、図々しく開きなおれるのだ、笑)

結果、男性35名、女性17名、総勢52名の
満員御礼になり、無事に終えることができた。

よかったー。

万一集まらなかったら、私、切腹でした(汗)!
参加者の皆さま、どうも、ありがとうございました。

そして、このパーティのため、
裏で動いてくれた方々、サイボウズの方々、
これまた、感謝感謝で、
本当に、ありがとうございました。

さて、そのパーティの評価は?
参加者からお便りが届いているので、
掲載してみましょう。

【参加者から】
——————————————-
本日は、SE大感謝祭の開催ありがとうございました。

同業の方とも話ができ、刺激になりました。

サイボーズさんのセミナーも大変勉強になりました。

単発で企画することは出来ても、ネタもなくなってくるし
続けることは難しいと思います。

しくじり先生等、色々企画し続けていらっしゃるので
改めて凄いなと思いました。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
私が以前転職に際して
「セールスエンジニアをやる事になり、
今から準備出来る事として何があるか」と
ご相談させて頂いた件を覚えていて下さった事には驚きました。

何万人もいる読者の一人一人を大切にされている
佐藤様の人柄に感激した瞬間でもありました。

お会い出来て光栄でした。
今後も引き続き宜しくお願い致します。

(いえ、たまたま印象的な相談でしたので by サーチマン)
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
感謝祭に参加いたしました●●です。

楽しいパーティーを開催して頂き
ありがとうございます。

サイボウズさんのハンズオンセミナーも、
まったくクラウドサービスの仕事に携わっていなかったので、
入口として参考になりました。

KINTONEについては今後も勉強させていただこうと思っております。 
できれば仕事につなげられるように。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
感謝祭本当楽しませて頂き
大変ありがとうございました。

名簿を作ってもらったおかげで、話の取っ掛かりが
とてもスムースになり
色々な人とお話ができたと感じました。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
今年も参加させていただきありがとうございます。
去年とはまた違った感じでとても楽しかったです。

(しくじり先生の)お話しを聞いて
javaの講習、購入受講したいと思ってます。

次の機会を楽しみに待っています。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
ありがとうございました!
お疲れ様でした。

Kintoneのハンズオンも、
1時間でアプリ出来るのか?と不安いっぱいでいたが、
サイボウズの皆様の分かりやすい説明、
きめ細かいフォローのおかげで、
ついていくことが出来ました。

パーティの各催し物も、大満足でした。
催し物の時は着席でゆっくり聞くことが出来、
それ以外は立食というスタイルで、
初めての方ともコミュニケーションを取りやすかったです。

催し物と、歓談の割合もちょうどよいなぁと感じました。

参加者のみなさん、素晴らしい肩書や経験のある方ばかりで、
私はSEとして10年ちょっと同じ会社にいて、何やってきたんだ・・・、
ととても恥ずかしい気持ちになりました。。。

サイボウズさんや、ゲスト講演の話でもありましたが、
柔軟な働き方で、出来る範囲・やりたい範囲で、
でも一人じゃなくチームで仕事出来たら、
いいなぁ、と思いました。

今の会社じゃPC持ち帰って家で、
オフラインであっても作業することすら許されないので、
なかなか難しいのですが。。。

そうだ、
私、佐藤さんのテキストだらけのメールやサイト好きです!(笑)
プレゼン中、恥ずかしい・・・
とおっしゃっていましたが、そのままでよいと思います!

今後とも、宜しくお願いいたします。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
感謝祭、ありがとうございました。

想像していたよりも、遥かに楽しく、
有意義な時間を過ごせました。

普通の名刺交換会や異業種交流会では
あの盛り上がりは有り得ません。

サーチマン佐藤様のメルマガ読者であるからこそ、
あそこまで盛り上がったのだと思います。

社長お2人としくじり先生の話もとても面白かったです。
マネージメントゲームについては
恥ずかしながら知らなかったで調べてみました。
(サーチマン佐藤様開催の
マネージメントゲームなんてのもちょっと期待したりして)

唯一残念だったことと言えば、
あまりに話が盛り上がり過ぎて
お1人と話す時間が長くなり過ぎ、
10人位の方としかお話しできなかったことです。
100パー自分が原因ですね(笑)。

本当にあっという間の時間でした。

次回も、是非参加させていただきたいです。
今後とも、よろしくお願いいたします。
——————————————-

【参加者から】
——————————————-
本日はありがとうございました!

一年に一回とは言わずガンガン開催してください!
というくらい良い会でした。

(嬉しいですが、私死にます、笑 by サーチマン)

佐藤さんを紹介した友達に自慢しておきます。
本日はありがとうございました!
——————————————-

以上、他にも沢山のお便り頂きました。

本当に本当にありがとうございました。
来年、またお会いしましょう。