仕事系」カテゴリーアーカイブ

自分はさて置き、他人を徹底的に叩く風潮はIT業界も?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

一昨日、こんなメルマガを出しました。
SEにとって「高プロ」は自由か過労死か?

で、現状のアンケート結果をみると、
意見が真っ二つです。

ある人にとっては天国、
ある人にとっては地獄、

と見えるらしい。

もちろん、賛成・反対があっていいのですが、
しかし、私には、どうしても気になることがあり、
今日のメールとなりました。

それは、
「自分はさて置き、他人を徹底的に叩く風潮」
についてです。

この悪しき風潮を、
IT業界に蔓延させてはいけません。

今回のメルマガのお便りを読むにつれ、
こんな意見も散見した。

【読者から】
——————————————-
はっきり言って、日本の企業は
「もはや働くところではない」と思っています。

TVで「優良企業」なんてものも、
一枚皮をはがすとブラック企業です。
——————————————-

つまり、「会社=悪」という図式で、
会社を徹底的に叩くことがいい・・・・
と思っている人がいる。

私は思うのですが、
そんなに徹底的に否定するなら、
じゃあ、アナタが、
「ホワイト」の会社を作ればいいのでは?

まさか、自分が出来ないことを、
他人には求めるのか?

最近の風潮として、
特にテレビのワイドショーに顕著ですが、

自分のことはさて置き、
他人には厳しく、
社会的に抹殺するまで叩く。

こんな日本でいいのか?

わかりやすい例としては、
いわゆる「不倫」報道だ。

名前を出すのは恐縮ですが、
でも、わかりやすいので出しますが、

例えば、安藤優子キャスターが、
デスクに前腕をつけ、
身を乗り出すように、したり顔で、
「絶対に許せませんね」と言う。

おいおい!?(苦笑)

アナタ(安藤キャスター)自身、
妻子ある男性からの不倫略奪婚を2回もしていて、
エラソーに言えますか?と、私は思う。

人間誰しも、その場に置かれたら、
自分も、そうしてしまうかも?
くらいの話に対して、

薄っぺらい正義感をふりかざし、
徹底的に糾弾する。

ほんと、恐ろしいですよ。

不倫案件ならずとも、
有名人や企業、政治家や官僚に対しても、
些細なことでも糾弾する。

我々の業界でも、
上に対して、全てを求める人がいる。

じゃあ、アナタは?

いや、誤解して欲しくないですが、
求めてもいいんですよ。
批判してもいいのです。

でも、程度の問題であって、
「100%ホワイトを求める」
そうでなければ許さないって風潮は、
社会や仕事を、根本から壊す。

私は、それを危惧します。

「自分ならどうする?」
「自分にできるのか?」
くらいの想像はして、
その上で、批判しましょう。

まあ、難しい気持ちもわかりますけどね。

ブラックで働けば、
「アイツは許せない」って恨みもでます。

何を隠そう、私自身、
2人許せない人がいます。

しかし、それと同列に、
その種の全てを否定しても、生産的でない。

「なら、自分でホワイトの会社作ろう」とか、
「ホワイトの会社に転職しよう」とか、

時には寛容に、時にはバネに。

気持ちを切り替えるほうが、
生産的で幸せでしょ。

そのうち、恨みも忘れますよ。

以上、最近の風潮に対して思ったことでした。

ではでは、またお会いしましょう。
ありがとうございました。




SEにとって「高プロ」は自由か過労死か?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

うわあああああ。
サッカー惜しかったですねえ。
日本、逆転負け。

悔しいけど、いい試合でした。

選手、関係者の皆様、
お疲れさまでした。

楽しませて頂きました。
本当に、ありがとうございました。

さて、そんな爽やかな朝ですが、
あれから、5年が経ちました。

5年前、私は、
「時間を思い通りに使い、高い収入を得る」
そんな仕事のやり方がある・・・・

思わず、
SEの理想郷」と叫んだ世界を紹介しました。

当時、こんなコンテンツを作り、
多くの人に共感頂きましたね。

あれから5年です。

当時、そんな自由な働き方は珍しかったですが、
今では、多くの人が、自由に働いている。

いや、誤解なきよう言っておきますが、
もちろん、全体の割合は少ないですよ。

拘束だらけのブラック企業もあるし、
バカ言うなって人も多いでしょう。

しかし、確実に、
時間を自由に使う働き方は増えている。
(羨ましいという声も聞く)

さて、そんな中でのことです。

先週、
「働き方改革、高度プロフェッショナル」法案が、
国会で可決されましたね。

賛成・反対言われてますが、
この法案、どうなのでしょうか?

賛成側の主張を言えば、
会社の勤務時間に捉われることなく、
自由に時間を使い、高収入を得る。

そんな世界が、
一般社員にも適用される、というもの。

—————————————————–
※当時、私が
「SEの理想郷」と叫んだ世界は、
一般社員でなく、独立した個人事業のSE達だ。
—————————————————–

反対側の主張を言えば、
働かせ放題の「残業代ゼロ」法案になる、と。

特に野党は大反対で、
ニュースでちらっと見れば、
「SEは死にますよ」と絶叫していた。

このように、
賛成・反対あるのですが、
アナタは、どう思いますか?

そこで、今回はアンケートです。

あっ、ちなみに、
この法案(高度プロフェッショナル)の対象者が、
年収約1000万円以上なので、
そこで区別して、アンケートしてみますね。

●質問
アナタは、
この法案(高度プロフェッショナル)
賛成、反対、どちらですか?

以下から、一つクリックしてくださいね。
(アンケートは終了しました)

年収1000万円以上です。賛成です。

年収1000万円以上です。反対です。

年収1000万円以上です。分からない。

年収1000万円以下です。賛成です。

年収1000万円以下です。反対です。

年収1000万円以下です。分からない。

そのほか

もしかすると、この法案は、
我々の仕事、人生の重大な分岐点かもしれません。

次回、アンケート結果みならが、
考えていきましょうね。

ではでは、また。
ありがとうございました。




Skypeでサーチマンと話そう飲もうって企画

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

突然で恐縮ですが、
(いや、以前から頭にはありました)

「Skypeで、サーチマンと話そう飲もう」
って企画、いかがでしょうか?

実は、勉強会を開いた時、

(勉強会とは別の目的?で)

「少し相談しいことがあった」
「話を聞いてほしかった」
「転職アドバイス」
「講習の質問があった」

「どんな人か会ってみたかった」
「一回飲みたかった」
「そもそも、何者ですか?」
「メルマガ儲かりますか?」

みたいな動機で参加される方が、
少なからずいました。

特に地方の方とは、
全然お会いする機会もないし、
都内でも、
勉強会参加が面倒な方もいます。

そこで、サクッと1時間程度、
私とアナタがお互いにSkype前で、
マンツーマン、サシで話す。

お互いに刺激する。

場合によっては、
お酒とおつまみをお互いに用意して、
「Skype飲み会」でもいいし、

まじめに、今やっている
講習テキストのフォローでもいい。

とにもかくにも、
「Skypeで、サーチマンと話そう飲もう」
って企画です。

いかがでしょうか?

たぶん、不特定多数のメルマガでは言えない、
ここだけの刺激的な話もできると思いますよ。

・・・・裏サーチマン的な(笑)

どうですかね?

ということで、
アンケートをとったのですが、

お陰様で、
多くの方が興味を持って頂きました・・・
と書きたいところですが、

さすがに、いつもの企画ほど多くなかった
(マニアックな企画ですからね、苦笑)。

でも、70人くらいの方は、
興味をもって頂いたようなので、
本当に本当に、ありがとうございます。

そのお便り、
メール後半の「追伸」で紹介しますので、
よかったら、是非読んでくださいね。

で、結論から言いますと、
そんなお便りにも押され、
企画を実行します。

がんばります!!

が、しかし。
すぐに、大きな「壁」が(苦笑)。

これは、我々の仕事に直結しますが、
(まずは要件定義ね)

「Skype飲み会」を実施するにあたっては、
日時を決める必要があります。

これ、どうやって決めるの??
メールで調整するの?

いくら、「興味ある」って答えてくれた読者でも、
そんなメール調整、うっとおしいですよね。

私も面倒ですし、
押しつけがましくて気がひけるし。

また、今後、新規募集する時、
メルマガで何回も、
「興味ありますか?」なんて聞き続けたら、
それこそ、解除の嵐でしょ(苦笑)。

理想的なのは、
「Skype飲み会」の空きカレンダーを作って、
参加したい読者は、
そこをクリックして、予約と決済が完了する、
そんな「予約システム」です。

よくありますよね。

会議室、美容院、歯医者、
個人のギター教室、
個人カウンセリングなどに使われる
「予約システム」。

そんな「予約システム」導入すれば、
多くの方が気軽に(←ここ大事)参加できる。

どなたか、
簡単に作れる方法知ってますか?

もしくは、多少ならお支払いするので、
作って頂いてもいいのですが。

う~ん、どうしよ。

この企画実行するにあたっては、
考えないとね。

ということで、企画は実施しますが、
そんな「予約システム」も必要だと思うので、
しばし、お待ちを。考えます。

ありがとうございました。

●追伸
「Skypeでサーチマンと話そう飲もうって企画」へ
読者からのお便り、いくつか紹介します。

【読者から】
———————————————–
佐藤さん
ご無沙汰しております。●●です。

座談会でもお会いしてますが、
どうしても声の大きい人が中心になってしまいますから、

サーチマン独り占めはなかなか興味ありますよ♪
———————————————–

マニアックですなあ(笑)
いやいや、本当に嬉しいですよ。
ありがとうございます。

【読者から】
———————————————–
地方の読者にはありがたい企画です。
———————————————–

【読者から】
———————————————–
Skype飲会、名称がいいですね。
地方だと、都会までの移動時間も
金額もばかにならない。

顔を見てお話しできるなら、
Skype等でもほぼ目的は達成できますね。

「酌み交わす」は難しいかもしれませんが、
そのうちこのあたりもIoTの力で解決されるかもww
———————————————–

はい、地方の方ともお話したいので、
この企画考えてみました。
ありがとうございます。

【読者から】
———————————————–
元々東京で働いていましたが、
出向で現在の仕事場が沖縄となり、
なかなか内地で行われるイベントごとにも参加できないので
興味はありますが、

本メルマガのライトユーザなので、
一対一では会話の間が持たないかと心配になります。
———————————————–

大丈夫です。
「会話がもたない」心配、ご無用。

アナタが、しゃべるの苦手なら、
私の独演会でもいいですし、
間を持たせる自信あり(笑)。

【読者から】
———————————————–
お酒呑めないのですが・・・大丈夫ですか?
———————————————–

もちろん、大丈夫です。
その時は、お茶かコーヒーで語りましょう。

【読者から】
———————————————–
スカイプ飲み会の企画、興味があります。

最近、地元の銀行から都内のIT企業に転職したばかりで、
先輩に相談したいことがあるけれど、
先輩の9割が他社に出向しているため、
ほとんどお会いできない
&同期は年下ばかりで、
気軽に相談できるIT企業勤めがおらず悩んでいました。

もし実現したら、是非お話してみたいです。
———————————————–

よかったら、是非、ご相談くださいませ。

正解が出せるかはわかりませんが、
真剣に相談をお聞きしますよ。
これだけは、お約束できます。




IT業界、セクハラ被害のお便り

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

今回の調査で、読者から、
セクハラのお便りをいくつか頂きました。

以下が、その内容になりますが・・・・
(↓クリックすると拡大します)

「相手の受け取り方の問題だろ?」
と言う人も多かったのですが、
そんな次元の問題ではありません。

もっと深刻でした。

(特に男性は)絶対に読んで、
注意したほうがいい。

※この内容を、このブログに掲載しようと思いましたが、
このブログ自体が、怪しいサイト認定されかねないので、
PDFにしてお送りします。

本当にお手数で申し訳ないのですが、
↓にアナタのメールアドレスを入れ、「送信」をクリックしてお取りよせください。

メールアドレス:

(解除できない迷惑メール等は、絶対にお送りしません。)

遠い世界の話でなくて、
我々の身の回りにもあります。

心しておきましょう。

ではでは、以上です。
ありがとうございました。

※お便りくれた女性読者の皆様、
ありがとうございました。

啓発のためのPDFに使わせて頂きました。




23歳の女性が、SE男子とつきあい、別れたその理由は?

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

恋愛ネタが入ってきたので、
少し皆で考えてみましょう。

昨年、ある新卒の女性(SEじゃない)が、
SE男子とお付き合いを始めたのですが、

しかし、最近、別れてしまった。

その理由は?と聞いたところ、
「キーボードの叩き方が、激しすぎる」と。

へっ!?何それ?

最初、意味不明でしたが、
よくよく聞いてみると、

例えば、
旅行計画や買い物でPCを使う時、
キーボードを普通に叩けばいいのに、

カタカタカタカタ・・・
パンパーン・・
(と、音がうるさく鳴り)

そして、最後の「Enterキー」は、
右手を斜め上方にあげ、
V字の軌道を描いて、
「ターンッ!」と鬼の首を取ったかのように
強く叩き、しばし、ポーズを決める・・・・彼。

「お待ちかね、予約とったぜ!」

すみません、最後の一文は、
完全に私が挿入しましたが、
まあ、そういうSE男子の彼だったそうです。

で、おつきあいの中では、彼女にとって、
特に決定的な嫌なこともなかったのですが、

しかし、どうしてもそこが嫌になってきて、
別れを告げたそうです。

そんな気持ち、わかりますか?
というのが、今日のテーマ。

どうなんでしょうね?

我々は、毎日キーボードを使うのが仕事だし、
いつのまにか、癖になっている叩き方もあるし、
その叩き方に、性格が出ている気がしなくもない。

それとも、単に、指の力の強さの問題?
防音のキーボードカバーでも買えばよかったのか。

アナタの周りもみて、
どんなパターンがあるのか?

そこで、最後にアンケートです。
一つクリックしてくださいね。

【質問】
彼女の気持ち、わかりますか?

全く意味不明

わかるけど、気にしなくてもいいのでは

わかる、それは考えちゃうね

わかる、たぶん、それ性格が出てるよ

そのほか

次回、アンケート結果をもとに、
色々と考えてみましょうね。

ではでは。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。




━メルマガ登録する場合━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログでは言えない、もっと面白い話は、
こここら登録ください。